エマーソンが痴漢被害者へ送る手紙

痴漢被害者へ送る貴重なブログ

痴漢弁護士に依頼しよう

痴漢電車

痴漢事件は、多くは電車で行われます。

犯罪はどういう分類になるかといえば、

  • 強制わいせつ罪(刑法第176条)
  • 各都道府県の迷惑行為防止条例違反

この2つの法律に違反となります。

迷惑防止条例では、たとえば痴漢行為をした場合、「6ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金」となります。

常習の場合は、「1年以下の懲役、又は10万円以下の罰金」となります。

強制わいせつになると、「6ヶ月以上10年以下の懲役」となり、厳しくなります。

最近増えている、電車でスカート内を撮影する盗撮行為は、迷惑行為防止条例違反になります。

迷惑防止条例と強制わいせつ罪の違い

迷惑防止条例は、衣服の上や下着の上から体に触れるケースです。痴漢といっても、軽い行為に分類されます。

一方、強制わいせつ罪は、下着の中に手や指を入れたり、力任せに押し倒したりした場合に分類されます。

家族(夫)が逮捕されたとき、妻としてできるのこと

家族には、弁護士を選任する権利があります。つまり夫を救いだすために、痴漢 弁護士を選んで、夫の弁護を依頼することができるのです。

弁護士が、最初の逮捕から弁護士にあえるあえないは、今後の社会的な復帰手順に大きな助けになります。

接見できるのは弁護士だけですので、逮捕された夫へ伝言を頼んだり、逆に夫の伝言を聞いてもらうことができるのです。

さらには、弁護士は、今後の刑事事件の流れ、又、示談交渉に向けた最大の弁護活動がしてもらえるのです。

黙秘権があること、さらには、被害者の方との示談をスムーズに行えること、社会復帰に向けた助けなど弁護士がサポートしてくるのです。

痴漢弁護士の役割は、一方的に不利になっている夫の援護になることです。

痴漢は常習性があり、初犯かどうかで警察側の処理も変わってきます。弁護士に、どのように刑事に伝えればよいのか、家族側の対応はどうすればよいのか?示談金はいくらが相場なのか?など、常識的な面をすべて熟知しているので、力強い味方です。

痴漢に強い弁護士がいますので、痴漢事件、刑事事件に慣れている弁護士に依頼するのがよいでしょう。

被害者は加害者側に住所などのプライベート情報を伝えるのを恐れる

加害者側が、直接示談交渉しようにもできないことがおおいのです。よって、弁護士がいれば、そういった不安が解消され、反省している点、二度と行わないこと、謝罪などを伝え、示談へとスムーズに向かわせてくれるでしょう。

職場で欠勤となれば、退職せざるをえなくなったり、心理的、社会的な不利益が大きくなっていきます。よって、職場を休む理由などの伝え方、早期の釈放になるためには、示談が重要なポイントになるので、一刻も早い示談が重要になるのです。